ロレックスはオーバーホールしてこそ長く使い続けられる

機械式腕時計の中でも、大きな人気を誇っているロレックス(ROLEX)は、頑強さだけでなく高いファッション性を備えている時計として有名ですが、「何も問題なく動いているので大丈夫だろう」と、何年もメンテナンスを行わずに使い続けていないでしょうか。
実際、メンテナンスをせずに時計の使用を継続すると、時計の寿命が縮んでしまうことになりかねません。もちろん、ROLEXは防水性あるいは耐久性など、一般の機械式腕時計より優れている点が特徴ですが、やはり精密機械です。高級腕時計でありつつも「壊れにくくて頑丈な実用時計」というイメージがありますが、実際にROLEXの腕時計はこのような印象を裏付けるほど作り込まれています。それゆえに、定期的なメンテナンスが欠かせません。

メンテナンスを定期的に行ってこそ「一生もの」の時計になる

自動車にはオイル交換が必要なように、時計に関しても定期的なメンテナンスが必要です。ロレックスのような機械式時計は、パーツとパーツの間に摩耗が起こる箇所で油が劣化し、酸化してしまうので3年から4年ほどで油切れとなります。そのままの状態で使うと部品の摩耗の原因になり、精度が落ちてしまうだけでなく時計の寿命にも影響してしまいます。
そこで必要になるのがオーバーホールです。オーバーホールを依頼することによって、部品が摩耗してしまうのを防止して高級時計の精度を保ち、良好なコンディションを保つことが出来ます。また、時計修理を専門に請け負うサービスでは、「新品仕上げ」というハイレベルな技術を用いる仕上げも用意されていますので、まるで購入したてのような状態に仕上げてもらえる魅力があります。

高級時計は職人技によって仕上がりが変わってくる

一口に時計のオーバーホール(分解掃除)と言っても、実際には時計技師によって仕上げの技術は異なります。特に、新品仕上げに特化している職人が手がける磨きの技術は、一般の技師とは仕上がり具合に差が生じてきます。そのため、高級時計のメンテナンスは腕が良く確かな技術を備えた職人に依頼することが重要になってきます。
本格的なメンテナンスでは、ケースおよびブレスレットを分解してから、部品一つ一つを丁寧にポリッシュしていきます。このような専門的な技術を用いることで、まるで新品のような美しい時計の輝きを取り戻すことが可能になります。
逆に、何年もメンテナンスをせずに使い続けてしまうと、気密性を維持できなくなって、本体に水が入ってしまう可能性が出てきますし、錆の原因にもなりますので、常に時計のメンテナンスは欠かさないようにしましょう。

ブランド時計のメンテナンスについて気になっていたお探しの情報がここできっとみつかります! 時計の修理を出してから受取りまでの一連の流れを構成図にてご覧いただけます。 お支払い方法は事前に銀行からお振込み頂くか代金引換でのお支払いとなります。 今まで手掛けてきた実績情報をブランド別にブランドの紹介も含め多数紹介しております。 ロレックスをオーバーホールして故障など検証する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加