ロレックスのオーバーホールの料金

ロレックスのオーバーホールは『分解洗浄』とも呼ばれます。その内容は機械式腕時計を分解して部品ひとつひとつに付着した劣化した油を洗浄するメンテナンスになります。しかし分解洗浄で終わることは少なく、大体において部品の交換や修理などの料金が別に発生することになります。定期的に行うことで寿命が延び長く使えることになります。 その期間のサイクルとしては3年から4年が一般的です。またここ10年前からのものは性能が上がっており、5年ほどのサイクルでも問題ないとされています。 分解洗浄は定期的に行うことが重要です。もし分解洗浄を行わずに放置した場合、連鎖的にほかの部品にも負荷がかかり、故障の原因となります。オイルが完全に切れ中の歯車が錆びたりしてしまうほどになると、最悪の場合は完全に元通りにすることが不可能になるので注意しなければなりません。

ロレックス正規サポートに依頼する

オーバーホール(分解洗浄)を依頼する場合、正規サポートに出すか社外の時計店や修理店に出すかの二択になります。正規サポートの場合、購入したところを仲介して修理に出すか直接出向くか送って分解洗浄してもらうことになります。この場合は直接正規サポートに依頼した方が手数料を取られないのがポイントです。 正規品ならば分解洗浄すると「正規の修理保証書」がもらえます。この時計は偽物が出回ることがあり、それの分解洗浄を行った場合偽物であるため見積書を発行してもらえません。そのため真贋代わりに見積もりを依頼するというケースもあります。本物の場合「正規の修理保証書」はこの時計を売る場合分解洗浄が最近であれば分査定額にも反映されます。 正規サポートの場合平均価格は6万円から10万円程度かかるとされます。

非正規の時計修理店に依頼する場合

非正規の時計修理店で分解洗浄を行う場合、平均としては正規よりも2万円から3万円程度安いとされます。極端に安い場合修理は全て社外部品を使用していることになります。このケースでは後日正規サポートに分解洗浄を依頼すると、社外部品は壊れていない場合であっても全て正規品と交換することになります。よって修理の際に正規部品を使用している業者に依頼する方が無駄な出費が出ない分安心となります。 また正規品の部品を使用したとしても、正規サポートに依頼するよりも30%程度(2万円から3万円程度)安くなります。非正規の時計修理店の場合、店によっては純正部品が入手しにくいのと、防水性能を検査する機器が高価なため、防水保証ができないところもあり、専用の工具ではないので傷をつけてしまう恐れがあるため注意が必要です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加